「そう悪くないよね」を英中で

シンゴジラの石原さとみの英語がうまいとかうまくないとか、一時期話題になっていました。

石原さとみさんの英語は

下世話だなと思いながらも、私も中華圏で活躍する日本人の中国語がネイティブからはどう聞こえているのか気になって、友人にどう思うか聞いてみたりします。

そう悪くないよ

她的中文没那么不好。
Her Chinese is not that bad.
彼女の中国語はそう悪くないよ。

「悪くない」を強調するのに、英語も中国語も日本語も同じように「それ」的な語句を使うことをおもしろく感じました。当然と言えば当然なのかもしれませんが。
このthatは本を読んでいてもよく出てきます。

「言うほど~~じゃない」とか「そんなに~~じゃない」という表現ができるこのthatは、慣れると使い勝手のいい語句で、私が使える数少ない表現のうちの一つでもあります。


似た表現あれこれ

中国語の方、「没那么~」に似た表現で、「没什么~」というのがあるのですが、これはちょっとニュアンスが違って、「There is nothing to~~」的な用法です。

没什么好担心的
there’s nothing to worry about
心配することはない

この「没那么~」「没什么~」も会話に頻出する便利な表現なので、使えるようになっておくと便利です。

photo-1460518451285-97b6aa326961.jpg