たすくま日記10 リピートタスクの見直し

引き続き、リピートタスクの見直しを毎日しています。

平日メインのタスクは、「週リピート」で曜日を複数選択することで、週末には現れなくなりました。
毎日少しずつですが着実に使いやすくなっています。

要改善事項

一日に何度も繰り返し発生するタスクを選択しやすくするにはどうするのがいちばんいいか、考え中。
朝の手帳チェックと夜の手帳チェックは別のタスクにするべきか、同じタスクにするべきか。
ひとつ大きな問題があって、たすくまに熱中するあまり、直近の比較的大きなプロジェクトに時間が全くかけられずにいます。
家族のことで時間が大幅に取られているせいもあり、自分の中での優先順位がぐっと下がっている。家族のことは最優先。で、プロジェクトにまったく手を付けない状態が続いていて、それでいいのか。この答えを考えることが現在の課題です。

わかったこと

間違えてタスク開始したら、開始時刻のところを右から左左から右にシュッとすると消えます。
タスク詳細の画面にあるものは、だいたい右から左左から右にシュッとすると消えることがわかって、すごく使いやすくなりました。(右と左の区別もつかない私)
まだ開始していないタスクの詳細画面で開始時刻のところを長押しすると、前のタスクの終了時間が自動で入ります。これは便利。


家事は時間がかかる

この1週間で家の中がすっきりしました。
しかし、そうじや片付けに熱くなりすぎて、思っていた以上に家事に時間を取られています。
きれいになるのはスッキリして気持ちいいけれど、なんだろう、手の中には何も残っていない感じ。
この虚しさと、「きちんとしていて気持ちいい」というバランスをうまくとっていかないといけません。
きれいにすることは気持ちよくて熱中するので、際限なくやってしまう。
たすくまで終了時間を設定してもついやってしまうので、リミットが来たらきちんとやめるための仕組みを作らなければ。
「家事」というプロジェクトにすると、タスクを見るたびに嫌悪感が生まれることに気づいたので、プロジェクト名を「快適」に変えました。