インフィード広告・記事内広告・アドセンスの新しいネイティブ広告を使ってみました

Google アドセンスにログインしてみると、新しい広告ユニットの種類が追加されていました。ネイティブ広告の「インフィード広告」と「記事内広告」です。

「関連コンテンツ」に続いて、これまでよりコンテンツに溶け込んだ広告を配置できるようになるとのことで、早速試してみました。

作成方法は、アドセンス管理画面の

[広告の設定]>[広告ユニット]>[+新しい広告ユニット]

に進みます。

通常の「テキスト広告とディスプレイ広告」に加え、「インフィード広告」と「記事内広告」が増えています。

「関連コンテンツ」に続いて、ネイティブ広告の選択肢が広がりました。

インフィード広告

インフィード広告はトップページの記事一覧や、カテゴリ・タグの記事一覧に挿入することができる広告です。

カードやタイルのように並ぶ記事の中に溶け込むようカスタマイズすることができるので、より自然な形で広告を配置することが可能になりました。

すべてのサイト運営者様がご利用可能なインフィード広告は、サイト上の記事や商品のリストといったフィード内に違和感なく配置されます。フィードのコンテンツに合わせて細かくカスタマイズでき、サイトの新たな収益源になります。

4タイプのデザインから選ぶことができます。

余白やカラーなど、デザインを細かくカスタマイズすることで、自分のブログのテーマに近づけることができます。カメレオンやカエルが周囲の環境に擬態するようなものですね。

記事内広告

記事内広告はこれまで記事内に挿入していたレクタングル広告と同じものです。

インフィード広告と同じように余白やフォントをカスタマイズできるので、これまでよりも違和感少なく記事の途中に表示させることができるようになります。

すべてのサイト運営者様がご利用可能な記事内広告は、ページの段落と段落の間に違和感なく配置される、魅力的な広告です。記事内に配信される広告には質の高いアセットが使われるため、サイトで記事を読むユーザーに優れたエクスペリエンスを提供できます。

この記事内広告は、現在使用しているレクタングル広告と差し替えるだけなので、更新作業は簡単そうです。


さっそくインフィード広告を設置

さっそくインフィード広告を設置してみました。
ちなみに、Lightningは記事一覧への広告設置がややこしそうなので後回しにしました。

いろんなテーマを使って雑記ブログを運営していますが、今回設置がいちばん簡単だったテーマはSimplicity2です。

記事一覧のレイアウトで、画像のサイズの割合を大きく変えると、いつもと同じレクタングルのディスプレイ広告のみが表示されてしまいます。まだこのレイアウト可変タイプに対応している広告が少ないせいかもしれません。

記事内広告も徐々に移行

記事内広告も様子を見ながら少しずつ移行していってみようかなと思っています。

広告スペースのウィジェットがあると、差し替えが簡単でいいですね。

アドセンスについては、始めてからまだ1年半なので、わからないことばかりです。

しばらく試してみて、変化があればレポートします。