「チョキクイクイ」のジェスチャーはどんな意味?

海外ドラマなどで、顔の高さで両手をチョキにして、その二本の指を二回折り曲げるしぐさ。
「カニの真似?」などと思ったりしましたが、もちろん違います。
どんな意味を表すジェスチャーなのでしょうか。

「チョキクイクイ」はどんな意味?

両手でピースをクイクイッと曲げるのは、Air quotesとかFinger quotesといって、文章中に使う引用符をかたどったジェスチャー。
口で言っているのとは別のニュアンスを込めたいとき、その語句を強調するために使われるようです。

話者がこのジェスチャーをしたときは、皮肉だったり、嘲笑だったり、言外の意味をつかまないといけないのですね。

フレンズ。なつかしい。
フレンズは中国でも、英語学習者必見のドラマとして有名です。

「チョキクイクイ」は何と呼ぶ?

このジェスチャー、日本語で何と表現されるのか調べてみたら、ウィキペディアによると、単に「エアクオート」とカタカナ変換されています。

以前、中国出身の友達と話していた時にこの「エアクオート」の話になりました。


「エアクオート」を中国語で何という?

中国の外交部長が記者会見でこのクイクイをやったことが、ネットで話題になったときです。エアクオートを知らない人も多くて、「あれはなんだ」「萌える」と盛り上がっているのがおもしろかったです。

どんな外来語もうまく漢字に変換してしまう中国語でAir quotesのことをなんていうのか聞いてみると、“引号手势”と直訳のほかに、“兔耳手势”とも呼ばれているそうです。

「ウサギの耳のジェスチャー」なんてかわいい表現!確かにうさぎの耳にも見えてきます。

英語でも「bunny quotes」という言い方があるようなので、中国語の表現も英語からきたのでしょうか。

日本では「カニのジェスチャー」と表現されることが多いようですが、中国ではカニに例えるのは一般的ではない様子です。上海ガニおいしいのに。