プログラミング道場・CoderDojo広島に参加してきました

こどもと一緒にCoderDojo広島に参加してきました。

2345A3DD-E6B6-479D-B717-DF2FE1C0E475.jpg

CoderDojoとは

CoderDojo Japan
CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場で、広島は今回が3回目の開催だそうです。
スクラッチという簡単なプログラミングを使ってゲームなどを作るのがメインテーマです。

今回の場所はミソシア。10人以上のこどもたちが参加してにぎやかな雰囲気でした。

CoderDojoについてほとんど知識のないまま申し込んだのですが、会場にはこのブログのインタビューそのままの雰囲気がありました。

子ども向け無料プログラミング教室、CoderDojoとは? 運営者に話を聞いてみた!|ブログ|バケモノ.jp

見守るメンター

イベントの進行方法やメンター(先生)のみなさんの様子を見ていて、ここは自分で知りたいことわからないことを見つけて、自分で質問しにいく子が楽しめる場所なんだな、と気づき、最初の1時間くらいは勝手に自分のやりたいことをマイペースでやっているわが子が気になってやきもきしていました。教えてくれる人がいるんだからもっと積極的に聞いてみればいいのに!などと。

ですが、メンターの方に話しかけられてスクリプトを一緒に見ながら話をしたり、最後にそれぞれ自分の作品を発表するときに、照れくさいながらもちょっと自慢気に話すこどもの姿を見て、「教わる」のも大事だけど、そのほかにも大切な経験っていろいろたくさんあるんだなと感じました。CoderDojoというのはそういう場を提供してくださってるんですね。


よい活動は長く続いてほしい

洋書の会やセミナー主催など、いくつか自分で立ち上げてみて、イベントを開催するのは本当に大変だと実感しています。自分が好きだから立ち上げるのだけど、実施や継続には手間もかかるし気苦労も多い。そんな中、今日のCoderDojoの会場に、見ず知らずのこどもたちのためにボランティアで参加してくださっているメンターのみなさんがたくさんいらっしゃることに感激しました。ありがたいことです。

プログラミングに興味を持った子がおうちで継続的に遊ぶ中で、わからなかったことを質問できる人がいてくれる、あるいはできた作品を披露してみんなから「いいね!すごいね!」と言ってもらえる場所を提供してくださる方がいてくださることに、本当に感謝しています。

またぜひ参加します!