指先に出てくる湿疹・汗疱に使っている薬

毎年この時期になると、指先や指の付け根、爪の周囲に小さな水泡がたくさんできてきます。

春先の手湿疹の対策

体調によってはかなり痒いときがあり、氷で冷やしたりしています。
皮膚科を受診すると、汗疱とか主婦湿疹と診断され、ステロイド軟膏を処方されます。

ステロイドはずっと塗り続けるのが少しこわいのと、塗るのをやめたとたんにバッと広範囲に再発したことがあり、できれば避けたいのが本音です。

実際のところ、水泡が自然に消えて皮がボロボロ剥けおわってしまえば、徐々に治まるので時間が一番の薬のような気もするのですが、数か月間皮剥けボロボロのままでいるのもつらいところです。

春先の手湿疹の対策・市販薬コーフル

ここ数年、別の市販薬を塗ることで症状が軽減しています。

今年も梅雨前のこの時期、ぽつぽつと水泡が出てきたのでドラッグストアに買いに行きました。
あせもややけど、くつずれにも効くと記載のある、コーフルです。

手湿疹・薬・コーフル


あせもやくつずれに効く薬

あせもにきく薬なのですが、油性なので子供のあせもに塗るには好みがわかれるテクスチャです。
私の場合は、寝る前にしっかり塗りこんで、荒れがひどいときには絆創膏を上から貼っています。
ただ塗るよりも、しっかりすりこんだほうが効きがよい気がします。

これを塗り始めてからはかゆみが軽減して、あまり広がらずに収束に向かうので、湿疹が出る時期には常備しています。
対策としてはもうひとつ、こまめにワセリンを塗ることもしています。

子供がアトピーなので、ワセリンは常備してあります。水仕事をする前に手全体に塗っています。

体調が崩れると、つい薬のことばかり気になってしまいますが、まずは栄養と休養をしっかりとるのが一番だなと思うゴールデンウィーク最終日です☻

スポンサーリンク