親しくない人への、「赤ちゃん抱っこしてください」要求の是非

友人や家族以外の、それほど親しくない人の赤ちゃんを「抱っこして」と言われたらどうしますか?

赤ちゃん抱いてもいいよ | ママの交流掲示板

ってばったり会った友達に言われたんだけど、普通、他人の赤ちゃん抱きたいもん?私は不妊だからかな。嫉妬は無いけど別に抱きたくもないんだよね。さ・・・

友達の赤ちゃん、抱っこしたいですか? : 発言小町

友人、先輩、後輩、親しい知人の赤ちゃん、抱っこしたいと思いますか? 私はどうも苦手です。 ですが、友人宅に遊びに行くとママ達は必ず「抱っこする?」と聞いてくれます。ですが、私はその可愛さを眺めるだけで十分です。 なので皆が抱っこしたりの中、いつも当たり障りないように「私はいいや〜」とやんわり断っています。 …

他人の赤ちゃんには特に触れたいと思わない

私はあまり子供好きではない(自分の子以外)ことと、以前不妊治療をしていたとき、つらくてよその赤ちゃんを見るのも嫌だったことがあります。

そのせいか、子供をふたり育てたあとでも、よその赤ちゃんを見て特に抱かせてほしいとは思いません。

親族や大事な友人の赤ちゃんであれば、喜んで抱っこでも、子守でもするんですけど、親しくない人の場合は、むしろ遠慮したい気持ちの方が大きいです。

冷たい人だと思われそうで、なかなか断りづらいのですが。

マタニティハイ・産後ハイ

最近、何かの儀式のように、親しくもない人が「抱いてみてください」と赤ちゃんを差し出してくる場面に遭遇して、びっくりすることが何度かありました。

マタニティハイ・出産ハイといった言葉がありますが、そういった妊娠・出産時のホルモンバランスによる高揚感によるものかもしれません。

私は出産直後から半年くらいは、すっかり野生に戻ってしまい、我が子を危険から守らなければという保護本能が異様に強く出て、知らない人にはむしろ触れてほしくありませんでした。
これもおそらく、ホルモンのせいだったと思われます。

そういう経緯もあり、まだふにゃふにゃで、落とされでもしたら即死の小さな赤ちゃんを、親しくもない人に気軽に抱っこさせる人のハートの強さには、ただただ驚くばかりなのです。


知らずに人を傷つけることも

前に勤めていた職場に、赤ちゃんを見せに来た人が、「抱っこしてください」攻撃を全員に仕掛けていました。

子供がいない既婚女性が「抱き慣れていないからいいです」と断ったにもかかわらず、「せっかくなので抱いてください」といって無理やり押し付ける姿に、疑問を感じました。

私の場合、友人にも不妊治療をしている人もいるし、出産に関わる話題はとてもセンシティブなものだという意識があるので、自分が出産したときも、親しい家族や友人以外には特にお披露目したいとも思いませんでした(そもそもまだ不安定な新生児を、親しい家族や友人以外にお披露目する必要があるでしょうか?)。
友人や親戚にも、「抱っこして」とは言いません。「抱っこさせて」と言われたらもちろん喜んで抱っこしてもらいますが。

子供が授かったあとでも、不妊治療の真っただ中の先の見えない不安やつらさは、心の中から消えることはありません。
悪意はないとしても、無神経な人の言動で、今でも、たとえ自分が当事者でなくても、心は痛みます。

いまや日本のカップルの6組に1組が直面する「不妊」。
不妊治療を受けている患者数は、日本が世界第1位なのだとか。

もしかしたら事情があってお子さんがいないかもしれない人が複数いる中で、さほど親しくない人への「抱っこしてください!かわいいでしょう!」の押し付けを見ると、かつて自分がつらい思いをしたことがあるだけに、いたたまれない気持ちになるのです。

赤ちゃんを抱くのは怖い

不妊の経験の有無に関わらず、赤ちゃんに触れたくないという気持ちも尊重されてよいと思います。

お祝いの気持ちもあるし、可愛いとも思うけど、抱くのは遠慮したい、と思う女性も多いのではないでしょうか。

出産前の自分もそうでしたが、赤ちゃんを抱くのはこわいものです。

親しくもない人に無理に抱かせても、いいことはありません。
慣れない人が抱けば赤ちゃんは泣くし、無理に抱っこをさせられた相手もきまりが悪いし。

「赤ちゃんを抱くのが怖い」人は39.0% よだれや鼻水がつくのが嫌で抱きたくない人も
⇒「赤ちゃんを抱くのが怖い」かの調査を実施したところ、39.0%の人が「怖い」と回答
⇒世代が若くなるほど割合が多くなっており、自分も子供を持つと考えが変わるよう
⇒「よだれや鼻水がつくのが嫌で断っても無理に抱かせてくるのが迷惑」との声も
親戚や友人の赤ちゃんをみんなが、順番に抱っこするのはよくある光景だ。ただその中には、内心では「怖い」と思いながら抱

逆もしかりで、電車の中や道端で、むやみやたらと見ず知らずの赤ちゃんにさわってくる赤の他人にも、勘弁していただきたい。

基本的に、よその赤ちゃんは、遠くからあたたかく見守るもので、むりに触ったり抱っこしたりする必要はないと思っています。