広亭タナカ@広島市中区土橋 懐かしい味わいの洋食ランチ

広島の老舗洋食屋さんとして名高い、中区土橋の広亭タナカでランチをいただいてきました。
丁寧に作られた懐かしい味わいのお料理をリーズナブルなお値段で楽しめます。

広亭タナカ

お店への行き方

平和大通りを西に進み、西平和大橋西詰の交差点を右折。
川沿いの道を北上します。

中国新聞社の白いビルを左手に見ながら進み、マンション・アーバンビュー平和公園の曲がり角を左折します。

まっすぐ行くと、左手に広亭タナカが見えてきました。
車での来訪の場合は、向かいの駐車場が空いていればラッキーです。
なければ平和大通り付近のパーキングへ。

今「広亭タナカ」というキーワードでGoogle検索すると、「訃報」とか「死去」というサジェストが出てきます。
2017年8月に創業者シェフ田中恒士氏が急逝なさったとのこと。

偶然にもリンクをはっているストリートビューが、ちょうど2017年8月に撮影されたものでした。
材料を配達するトラックの後ろのお店の中で、お元気でお料理を作っていらっしゃったのだろうと、ストリートビューをじっと見つめてしまいます。

検索ワードのサジェストからも、いかにこのお店が多くの人から愛されていたかがわかります。

緑に囲まれた落ち着きのある店内

白いアーチをくぐって階段を降り、半地下の店内に入ります。

ステンドグラスのランプにほど近い席に通されました。

広亭タナカ ランチ

大きな窓からは緑でいっぱいのお庭が見え、日光がさんさんと降りそそいでいます。

窓際の席ではマダムたちが楽しそうに歓談中。


ランチメニュー

ランチのメニューは5種類。

少なめのコースや、単品のメニューも注文可能です。

広亭タナカ ランチ

ハンバーグ 1540円
エビのトマト煮(サラダ付き) 1650円
エビカレー(サラダ付き) 1650円
ビーフシチュー 2350円
ビーフカツ 2500円
(すべてのメニューに、スープ・一口パン・ライス・デザートまたはコーヒー付き)

同行者のおすすめもあり、ビーフカツをいただくことにしました。

ビーフカツランチ

注文してすぐにスープが出てきます。
トマトとジャガイモのスープ。とろとろしたポタージュで、トマトの酸味がきいています。
創業以来変わらぬ味なんだそうです。

カリカリのクルトンと、添えられたひとくちパンと一緒にいただきます。

広亭タナカ ランチ

あっという間になくなって、おかわりがほしいおいしさです。

お待ちかねのビーフカツ。
思っていたのとちょっと違いました。
ミラノ風カツレツのような、薄いカツを想像していましたが、かなりぶ厚いです。

広亭タナカ ランチ

ナイフを入れてみると、厚いお肉が出てきました。火入りはミディアム。
やわらかいです。夢中になって食べてしまいます。

添えてあるのはポテトといんげんとニンジンのグラッセ。
ポテトといんげんは濃いめの味付けでした。にんじんのグラッセは、にんじんくささがまったくありません。

それからデザート。
この日はチョコレートのババロア・レアチーズケーキ・シャーベット・ミルクプリンというラインナップ。
人気のミルクプリンを選びました。

広亭タナカ ランチ

フルーツのコンポートと、むかしなつかしい味わいのプリンに、焼き菓子のスワンが添えられています。

デザートとコーヒーのどちらかが選べるので、デザートを選んで、追加でコーヒー(200円)を注文するのがおすすめです。

接客もとても丁寧で、お客さんも穏やかに会話とお食事を楽しむ年配の方が多く、お料理の味とともに懐かしさを感じるお店です。時間の流れ方が違うなあと感じました。

大切な人との時間をゆっくり楽しみたいときにおすすめのお店です。

店舗情報

広亭タナカ
広島県広島市中区土橋町2-18 ダイヤパレス土橋1F北側
11:30~15:00(LO14:00)
17:30~22:00(LO20:30) 日曜営業
定休日:水曜日、第1.3火曜日

関連記事



スポンサーリンク