ご無沙汰しておりますを英語と中国語で

外国語で書くメールを書くときに気になる言い回し」シリーズです。
今回は「ご無沙汰しております」の英語と中国語です。

久しぶりに連絡を取るときに

日常的にメールやテキストメッセージを送りあう関係であれば、「Hi!」や「你好!」からの書き出しですが、少し時間をあけて連絡をとるときには、「ごぶさたしています」「おひさしぶりです」といった一文を加えます。

お久しぶりです

Long time no hearing.

これはフランクなフレーズになります。おつきあいの浅いビジネスの相手であれば、もう少し丁寧な表現がよさそうです。

このLong time~~という言い回し、もともとは中国語の「好久不见」から英語に入ってきたっていう説をネットで見かけたのですが、本当なのでしょうか。時間があるときに調べてみようと思います。

少し丁寧な表現です。

It has been a long time since I last contacted you.

届いたメールでよく見かけるのが、この短いフレーズ。

It’s been a while.

この直後に「いかがお過ごしですか?」という問いかけをプラスすると自然です。

いかがお過ごしですか?

How have you been?

またご一緒できてうれしいですを英語で

久しぶりの連絡の後、新しい取引への流れが見えてきたら、「またご一緒できて嬉しいです」のような一文を書いて送っています。

I am happy to work with you again.

It’s nice to work with you again.


ご無沙汰しておりますを中国語で

お久しぶりです」「ご無沙汰しています」を中国語でなんというのか調べると、まず「好久不见」が出てきます。

意味は分かるので、こう書いても構わないのですが、「见」は「会う」という意味なので、一度も会ったことのない取引相手にお久しぶりメールを書くときに、「好久不见」だとちょっと違和感があります。

そんなときには、「见」ではなく「联系」を使うとすっきりします。

好久没联系了,最近还好吗?

「いかがお過ごしですか?」というフレーズも追記します。

メールだけでなく、久々に電話を掛けるときにも、このフレーズが使えます。

「外国語で書くメールを書くときに気になる言い回し」シリーズです。 今回は「お世話になっております」の英語と中国語です。 基本、前置き...
「外国語で書くメールを書くときに気になる言い回し」シリーズです。 今回は「ファイルが添付されていません」の英語と中国語です。 そそっ...