「がまくんとかえるくん」アーノルド・ローベル展に行ってきました グッズ・割引情報も

「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展に行ってきました。

4月3日から5月23日まで、ひろしま美術館で開催中です。期間中無休。
土日祝は整理券による入館人数制限の実施があるのでご注意ください。

アーノルド・ローベル展

ひろしま美術館は、入口のある棟を抜けた中庭にいつもこういう写真スポットが用意してあるのが好きです。

アーノルド・ローベル展

会場入口。

アーノルド・ローベル展

がまくんとかえるくん

日本語訳は小学校の教科書に、英語原文は中学英語の教科書に採用されている、ローベルの代表作、「がまくんとかえるくん」。

私も大好きで、英語のオーディオブックもそろえています。一時期ずっと流しっぱなしにして聞いていたので、本を開いて読み始めるとオーディオブックのナレーターの声で脳内再生されます。

がまくんとかえるくんの可愛らしさと可笑しさ、そしてなんともいえない哀愁が漂う作品です。

展示内容

今回の展示でなんといっても見逃せないのが、「Frog and Toad」シリーズのラフです。
ラフに書き込まれたおびただしいローベルと編集者のコメントにより、ラフが作品として完成されていく様子が伝わってきます。

「おてがみ」のラストシーンは、実はがまくんが一匹で手紙を受け取る案だったものが、編集者との意見交換の中で、二匹一緒に受け取るラストに変えられていきます。確かに、ひとりでうけとるがまくんのすがたは寂しい。

編集者がしつこいくらいに「lovely!」「adorable!」と絵のかわいらしさをコメントで褒めているのが印象的でした。
すごく有能な編集者さんだったんでしょう。
「こうしたほうが?」という編集者の案に、よりよい案を出してくるローベル。化学反応が起こるのを目の前で見ているような、ワクワク感のある展示です。

他にも切り取ったノートに書かれたコマ割など、制作過程がよくわかるものがたくさん展示されている、ぜいたくな展覧会です。下絵がトレーシングペーパーに描かれているのも驚きでした。

ラフに書き込まれたコメントは、要約された日本語の説明がついていますが、英語が読める人はじっくり読むのをお勧めします。立ちっぱなしで足が疲れてしまいましたが、絵本の原文から小さなメモ書きまで、すみずみまで堪能して大満足です。


アニメ・一日一年

アニメーション作家、加藤久仁生によるアニメーション作品「一日一年」の上映もあります。

これがほんとにすてきでした。

ローベルの人生

こういった展覧会にはありがちな、年表の展示が見当たりませんでした。
私が見逃したのかもしれませんが、ローベルがエイズのために54歳という若さで亡くなったという説明もなかったような気がします。

ニューヨーク育ち、都会っ子。子供時代はよくいじめられていて、あんまり楽しい学校生活ではなくて、図書館で本を読むのが大好きだった。
美術学校で知り合った児童文学作家でもありイラストレーターでもあるアニタと結婚。娘と息子の誕生、そしてやがて3人の孫を持つことになります。

「がまくんとかえるくん」という作品を生み出してから数年後、ローベルは家族に自分が同性愛者であることを告白し、やがて家族と別々に暮らすことになります。

そして愛したニューヨークで、54歳の時、エイズのために亡くなります。

がまくんとかえるくん、それぞれのキャラクターは、ローベル自身のなかにあるものだと本人が語っていますが、あの作品のあのふたりは、やはり、家族や友だちのあいだの情を超えた、強く深い愛で結ばれているような気がします。

入口の撮影可能スポット

会場入口には、撮影できるスポットがあります。

ローベルと家族のポートレート。

アーノルド・ローベル展

スピーカーから、ローベルの肉声(たぶん)が流れてきて、その内容がとてもおもしろかったので、すごく長い間、この写真展示の前に立っていました。おかしくて、すこしものがなしい。ずっと聞いていたかったのですが、長かったのであきらめました。この音声の内容は図録に収録されているそうです。

アーノルド・ローベル展

特設ショップ

特設ショップはいったん会場を出て、美術館入口の棟の地下に移動します。
ギフトショップ内は撮影禁止です。

意外にも(いつものこういった展覧会と違い)商売気がない、おとなしめの品ぞろえでした。
がまくんとかえるくんの置物なんかを買う気満々でしたが、ぬいぐるみが1種類のみおいてありました。

マスキングテープやクリアファイル、マグカップやバッグTシャツなど、ミュージアムショップ定番アイテムはひととおりそろっていました。

B4のポスターと、ポストカードを買って帰りました。

アーノルド・ローベル展

割引情報

HISのクーポンを提示すると、100円引きになります。

・広島県立美術館特別展(4/20~)の半券を持参すると、100円引きになります。

展覧会情報

「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展
2021年4月3日(土)~ 2021年5月23日(日)
会期中無休 9:00~17:00(入館は16:30まで)
土日祝は整理券による入館人数制限の実施あり。詳しくは公式サイトにてご確認ください。