広島蛇みだれ製麺@中区鶴見町

広島蛇みだれ製麺に行ってきました。
気になってはいたものの、これまでタイミングが合わず訪れたことのなかった鶴見町の麺屋さんです。

この日は白い暖簾が出ていましたが、撮り忘れ。
お店を出るときにはすでに暖簾はしまわれていたので、お店の中のいろとりどりの暖簾をどうぞ。

広島蛇みだれ製麺

平日お昼のみの営業

平日お昼のみの営業で、火曜日スタート。
予定数が完売したら、その週の営業は終わりです。

メニューは2種類で、つぶしそばと銀そば。
金額は同じで、中(1.5玉)と大(2玉)が選べます。

箸袋やメニューのフォントが気に入りました。味のあるいい字体です。

広島蛇みだれ製麺

うわさどおり、注意書きがあります。おとなしくしています。

広島蛇みだれ製麺

からくない銀そばを注文

ピリ辛肉みそがのっているつぶしそばと、白髪ねぎたっぷりのつけ麺タイプの銀そば。

からいものは苦手なので、銀そばの中を頼みました。本日の麺は「黄銀」とのこと。

丁寧に1食ずつ作られています。冷水にさらし、ざるでしっかり水切りされ、つやつやぴかぴかの麺が供されました。

広島蛇みだれ製麺

おうどんのように角がピシピシ、エッジが立っています。
しっかり噛んで味わう麺です。一本が短めに仕上げてあるので食べやすかった。

冷やし中華のように酢のきいたつけだれで食べます。
ラー油がピリッとおいしい。ラー油はテーブルに置いてあるので追加できます。

広島蛇みだれ製麺

白髪ねぎが大変おいしい。
底の方にたくあんが2枚敷かれていました。

小食なので、1.5玉はかなりキツかったですが、おいしかったので完食できました。

食べている途中でのれんと「営業中」の置き看板が片づけられました。
火曜日スタートで、仕込んだ1週間分の麺がなくなったらその週は終わりだそうです。
この日は水曜でしたが、水曜の13時で営業終了となりました。

普段は製麺業を営まれていて、このお店はプロモーションを兼ねて利益度外視で営業しているとのこと。
麺が好きな人に食べに来てほしい、とお話されていました。

食べ終えた後、店主といろいろお話しできて楽しかったです。麺への情熱を感じられました。


店舗情報

広島蛇みだれ製麺
広島県広島市中区鶴見町14-13