生パスタがおいしいソッジョルノ@広島市中区小町

自家製生パスタがおいしいと聞いていた、中区小町のソッジョルノでランチをいただきました。

ソッジョルノ 広島

3種のランチ

ランチメニューは三種類。
スープ・パン・パスタのパスタランチは980円。こちらは平日のみのようです。

Pranzo Giornoはスープ・前菜・パン・パスタ・デザート・ドリンクつきで1580円。

Pranzo Ricoはメイン料理プラスで2480円です。

今回はPranzo Giornoを注文しました。

ソッジョルノ 広島

スープ・前菜

スープはカボチャのポタージュ。

ソッジョルノ 広島

前菜プレートはこちら。

ソッジョルノ 広島

鴨のローストにバルサミコソースと、タコのマリネが特に美味しかった。
京野菜が使われていたりと、素材にこだわりが感じられます。


パン・パスタ

自家製パンと、バジル入りのオリーブオイル。

ソッジョルノ 広島

パンはおかわりできます。

小エビとサツマイモのクリームソース、かぼちゃのタリオリーニ。
えびの香りがしっかりついたクリームソースは重たくなく、飽きずに最後まで楽しめました。
生パスタのタリオリーニはぷりぷりモチモチでおいしかったです。

ソッジョルノ 広島

500円プラスの5食限定メニュー、生ウニのクリームソース。

ソッジョルノ 広島

500円プラスのメニューって、お客さんに満足感を得てもらうのって結構難しいと思うのです。
追加料金分、期待値も上がるので、500円余分に払ったのにそうでもなかった、と思ってしまいがちです。

その点、このウニのクリームパスタは合格でした。
生ウニがふんだんに使われていて、ウニの生臭さもありません。
あまり質の高くない瓶うにを使って、ウニっぽさを出しているお料理にときどき出くわしますが、そういったごまかし感がなく、しっかりウニの甘みを楽しめました。

タリオリーニのクリームソースもですが、ここのクリームソースはあっさりしていて食べやすいです。こってりソースが好きな人はちょっと物足りないかもしれません。

お好みでどうぞ、とサービスされた、「ふりかけ」ディッシュ。
粉チーズと、ハーブだったかな、それからガーリック風味のカリカリパン粉。このパン粉ふりかけがおいしくてクセになりました。

ソッジョルノ 広島

デザート

デザートは紫芋のモンブラン。
こちらはなんというか、砂糖の甘みが強くて、もう少し繊細な味を楽しみたかったなと思いました。
おいしい料理のしめにはちょっと残念でしたが、ナッツ入りのグラノーラがアクセントに添えられていたのはおもしろかった。家でもやってみようと思いました。

ソッジョルノ 広島

週末のお昼どきでしたが、スタッフが男性ばかりで、つかずはなれず、淡泊ながら必要十分なホールサービスがなされていました。こういうほっとかれ感があるお店は好きなので、また来ようと思います。来店時は予約をおススメ。

ソッジョルノ 広島

店舗情報

ソッジョルノ 広島

ソッジョルノ (Soggiorno)
広島県広島市中区小町1-20 今井広島ビル1F
ランチ  /11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
ディナー/17:30~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日:月曜日

関連記事



スポンサーリンク